2009/12/09

GAME BRIDGE

ポスト @ 0:44:27 | ガンハウンド,雑君保プ

「機装猟兵ガンハウンド」でキャラクタデザインを担当頂いた
「雑君保プ」先生は、現在マイクロマガジン社さんの「ゲームサイド」と
いうゲーム雑誌で漫画を執筆されています。その「ゲームサイド」編集部
さんの運営する「GAME BRIDGE」という情報サイト様で、「機装猟兵ガン
ハウンド」が紹介されました!

GAME BRIDGEさん

>「赤は血の色緑は密林!」

あはははクリスマスを前にした名言だ。

雑君保プ先生と初めてお会いしたときの打ち合わせの席では、
ガンハウンド自体が古いゲームシステムを持った新タイトルである
ことを説明をするのに、アーケードでいうとアレみたいなの、とか
家庭用でいうとコレみたいな感じ、という説明の度に当時のゲームの
思い出話に華が咲く感じで、なかなか打ち合わせが前に進みません。
色々話をうかがっている間に、テンションが上がってきて同席した企画
営業の男も雑プ先生との対戦の約束を取り付け、私も最後に雑プ先生の
書籍とサインをもらって帰りました。

サイン


いやあ長いことゲーム業界でお仕事されている方だけあって、
さすがに話題が豊富です。コンシューマ用の某ゲームの話題に
際しても「メガドラユーザーなら通る道」と仰っていたのが
印象的です。

同じくマイクロマガジン社様で好評発売中の「雑君保プ」先生の
漫画「そして船は行く 完全版」特設サイトです。


ガンハウンドと併せてぜひ!

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://labs.dracue.co.jp/blog/trackback/tb.php?id=30
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。