2011/09/30

九十九百太郎

ポスト @ 15:56:17 | PLUS

今日は窓の杜さまの「週末ゲーム」にてガンハウンドXが紹介された記念に
全ての楽曲を担当してくださった九十九百太郎氏にコメントを
頂きましたので掲載しますね。

「 皆様お久しぶりです。九十九でございます。

 この界隈ではあまりに久しぶりすぎて忘れていらっしゃる方も
いるかもしれませんね(笑)。
 さて、もともとガンハウンドはバージョン1からプレイしていた私で
ありますが、「このご時世に2Dのアクションとは漢気溢れすぎる」
と、感心したのを今でも覚えています。キャラデザの雑君保プ先生や
BGMの山下絹代さんのチョイスも実に90年代で、思わず
「このゲーム、ROMカートリッジでやりてぇえ!!!」
と、脳が20年ほど逆行したもんです。

 もとよりゾウ○リーが大気圏で燃え尽きるゲームや
ハー○ンが赤いASに撃墜されるゲーム好きの私としては非常に
このガンハウンドは大好物の系統でして、FPSが主流になりつつある
ロボアクションSTGにあって、あえて時代に抗うサムライのような
存在だと思います。

 それは突然のオファーでした。

 諸事情で関東から地元長崎にUターンしてしばらくしたころ、
ドラキューさんからのメールが送られてきてて、最初はタイトルは
伏せられていました。とはいえ、休止状態で変わりきった制作環境を
モノにしようとリハビリをしていたときに、今度は詳細のメールでなんと
ガンハウンドのヴァージョン2のオファーだったということを知り、
とてつもない緊張が走ったの覚えています。
 なにせバージョン1はムチでビシバシやって吸血鬼退治のゲームから
メダルのロボットが大暴れするゲームで伝説を作ったあの山下絹代さん。
そのあとを弱小かつ歴史も浅い私が継ぐというのですから無理もありません。

 いろいろ悩みました。音的世界観を継ぐべきか、自分の持つ
「戦場」という世界観で再構築すべきか。いろいろドラキューさんと
密に相談しながら後者でいくことにしました。これは大きな決断でした。

 バージョン1での山下さんの曲は女性らしい上品さが見え隠れする
曲がほとんどでした。しかし、自分が持つ「戦場」のイメージはそんな
上品さは全くなく、むしろ硝煙と弾痕、炎と瓦礫、怒号と悲鳴、そして
なによりも「兵器の咆哮」でした。
 ファンの方はご存知かと思いますが、ちょっと前まではR社のシンセで
BGMを作っておりました。しかし、環境も完全に入れ替わり、一気に
自由度が上がり表現力も格段にあがったのですが、同時に音色の
イメージが固まるまで時間がかかるようになってしまいました。
 昔のようにオーケストラヒットバンバンで派手さで勝負していた90年代
の私の曲ですが、ガンハウンドではそんな煌びやかな派手さはむしろ
ナンセンスに思えました。ここはギター中心で渋めにまとめようと。

 打ち合わせの中で私は「男の子の呪い」という言葉を使いました。
昔から男の子の玩具はロボットの超合金であり、拳銃の玩具であり、
安全刀だったり、ヒーローのグッズだったり。いずれもなにかしら
「戦い」というワードを持つ玩具だったりします。この遊びのなかにある
「戦い」こそが「男の子の呪い」であり、今回私が製作で実感している
ある種の誇りでもあります。
 バージョン2はこの「男の子の呪い」を持って曲で世界観を再構築
していくことにしました。

 はたして皆さんは私の曲のなかにある「男の子の呪い」に反応して
くれるでしょうか?反応したら、あなたの中にもこのヤンチャで激しい
「男の子の呪い」がくすぶっているのかもしれません。

 ガンハウンドはそんなあなたの中にある「男の子」を覚醒させるゲームです。」

九十九百太郎



ということで、ver.2.0x系では、新しい気持ちでプレイしてもらえるよう、
前回のver.1.0xで素晴らしい楽曲を披露してくださった山下絹代さんに変わって、
九十九百太郎氏にすべてを新しく書き下ろしてもらいました!!
さらに今回は特別にステージ1~3の楽曲のお試し版を用意しましたよ

ステージ1~3楽曲お試し版

某3Dシューティングで魅せた素晴らしい楽曲からまったく衰えを見せない
サウンドにこれからも超ご期待ください。

窓の杜さま、ご紹介ありがとうございました。

これからも引き続き応援よろしくお願いしまーす!

ガンハウンドX体験版ダウンロード


Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://labs.dracue.co.jp/blog/trackback/tb.php?id=61
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

1 Comment

dresses2us
Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。